和菓子を味わうポイントは、
「背景」を楽しむということ
日本の食文化や風土に深く関わりながら発展してきた和菓子を
よりおいしく味わうために、注目したいポイントをご紹介します。

和菓子は”五感の芸術”といわれています。
食べ物としての味覚、視覚、触覚はもちろん、
ことに特徴的なのは聴覚と嗅覚への刺激です。

まず、聴覚について言えば、和菓子には「菓銘」というものがあります。
例えば、柿を型どった菓子には「里の秋」「はつちぎり」など
店ごとに異なる名前が付いています。
「はつちぎり」というのは女流俳人、加賀野千代女が嫁入り前に詠んだ句の
一節からとったものだとか。
菓銘にはさまざまな意味が込められていることがあります。
語感からそれらを感じ取って楽しむ、
これが和菓子がもたらす聴覚刺激の特色です。

次に嗅覚刺激ですが、大方和菓子はほのかな香りを特徴としています。
ほのかな香りをたのしみながらいただきたいもの。
例えば最近では「桜餅」を食べると葉の味ばかりが強く
餅のおいしさがなくなってしまう。
葉をむくと餅に葉の移り香がうっすらとつく、
そのほんのりした香りを楽しむのが和菓子の味わい方です。
また、季節感も重要なポイントです。
和菓子は季節を先取りし、それを表現するもの。
冷暖房設備のない昔の人々にとっては、
寒い冬に春を待ちわびる心は非常に強いものがあったはず。
四季の変化の明確な日本で、自然と共に暮らしていた人々は、
季節の移り変わりにも敏感でした。
和菓子はそんな人々の精神的な部分とも結びつきました。
現代において我々は、失われてゆく自然や季節感を和菓子の
中に見出すことができるのです。

このように日本の文化、自然、風土といった背景の部分にまで
目を向けることが、一層和菓子の味わいを増すポイントではないでしょうか。
小さな和菓子に込められた大きな思いを、皆さんも楽しんでみてください。
千葉家では、古いのれんと伝統のなかに
脈打つ現代の味、
たんねんに心をこめた手づくりの味、
その一つ一つにぜいたくな材料と洗練された技術が
結集されています。

しっとりと舌にしみいるおいしさこそ
千葉家の誇る品々なのです。
ゆたかな日々のお茶菓子として、
また心をこめた贈り物にお選びください。 
戻る トップページへ
商品一覧へ